1. home
  2.  > 機能紹介
  3.  > 耐候性・耐黄変
Pテクで検索!!

耐候性・耐黄変 フェード照射200時間後の破断強度劣化率0%

スポーツ衣料

アウトドア用品

介護用品

衛生用品

ワーキングウェア

フェード照射による破断強度の変化

太陽光からの紫外線に強く、フェード照射200時間後もテープの破断強度は変化しません。
ナイロン素材とポリウレタンバックコートからなる従来品に比べて耐侯性が大幅に向上しました。また、ポリウレタン系樹脂を排除したことから、黄変の可能性も大幅に削減。「インドア」から「アウトドア」へ用途の幅が広がりました。

強い紫外線でも強度をキープ 耐候性の2つのポイント

「インドア」から「アウトドア」へ

従来のナイロン製テープは紫外線で劣化することから屋外での使用には制限がありました。その点『マジックテープ』は紫外線に強く晒される環境下でも劣化しにくく、アウトドア用途に適した製品に進化しました。

「インドア」から「アウトドア」へ

耐侯性テスト(シアー強力)

耐候性の実地テストは長期間に及ぶため、促進試験の採用が一般的です。代表的な方法「フェード照射試験法」で、屋外暴露したときのシアー強力を測定した結果、『マジックテープ』の優位性が明らかに(右表参照)。

耐侯性テスト(シアー強力)

強い紫外線でも黄ばみにくい耐黄変の2つのポイント

色あせず、美しさを保持

ポリエステル素材で、しかもバックコート剤(ポリウレタン系樹脂由来)を使用しないため、耐候性や耐薬品性などの耐久性が格段に向上。従来品(ナイロン+バックコート品)に比較して黄変しにくく、デザイン性が損なわれる心配が軽減されました。

色あせず、美しさを保持

黄変テスト(変退色)

耐久性(軽黄変)

当社従来品(ナイロン標準品)と基本性能を比較するため、気温80℃・湿度80%RHの環境下に3日間置きました。その結果、標準品よりも黄変の度合いが低いということが確認できました(上表参照)。

PAGE TOP