english

製品一覧 マジックテープ活用事例 マジックテープのひみつ
HOME > 製品情報 : マジックテープ®のひみつ > 面ファスナーの歴史

マジックテープのひみつ

面ファスナーの歴史

魔法のテープ、
それは自然界が教えてくれました。

猟犬とごぼうの実それは、1948年のスイスでの出来事です。
愛犬を連れて山奥の狩猟に出かけていたジョルジュ・デ・メストラル氏は、自分の服や犬の毛に沢山の野生ゴボウの実がくっついているのに気づきました。不思議に思った彼は、その実を持ち帰り、さっそく顕微鏡で覗いてみました。
すると、その実は無数の鉤でできていて、その鉤が衣服や犬の毛にしっかりと絡みついていたのです。
これにヒントを得た彼はこの構造を応用して着脱が自由自在の魔法のファスナーを発明しようとしたのです。
そして何年かの試行錯誤の末、特殊ナイロン糸を使用して、無数の鉤と輪で構成された面ファスナーをつくりだしたのです。
これが面ファスナーの誕生でした。

<マジックテープ>は、
クラレの面ファスナーの登録商標です。

日本では1960年、2本の布がピタリとくっつき、着脱が自在な『魔法のテープ』という意味の<マジックテープ>という商品名で、クラレが最初に生産・販売を開始しました。
<マジックテープ>の名が全国に広がったのは、1964年に華々しくデビューした東海道新幹線の客席のヘッドレストカバーのファスナー(留め具)に採用され、一躍注目を浴びたのがきっかけでした。
今や、面ファスナーの代名詞でもある<マジックテープ>は、実はクラレの面ファスナーの登録商標なのです。

<マジックテープ>を幹として クラレファスニングシステムはさらに大きく成長していきます。

スイス人・ジョルジュ・デ・メストラル氏の発明となるこの製品の有望性をいち早く察知したクラレは、独自の技術を駆使し、さらに付加価値の高い製品の数々を開発してきたのです。 製品開発の流れ

そしてこれからも、業界のリーディングカンパニーとして常に技術開発に力を注ぎながら、面ファスナーの新たなる可能性を拓いていきます。子供から大人まで、日常生活から産業社会まで、そして1960年から無限の未来へ…。
<マジックテープ>の輝かしい軌跡は、未来へと続いていきます。

All rights reserved,Copyright©2005,KURARAY FASTENING CO.,LTD
このホームページは、クラレファスニング株式会社が運営しています。
株式会社クラレホームページは http://www.kuraray.co.jp/index.html へ